透明封筒・ビニール封筒をOPP袋で利用するメリット

透明封筒・ビニール封筒をOPP袋で利用するメリット

透明封筒・ビニール封筒をOPP袋で利用するメリット opp袋は透明のフィルムを素材として利用している封筒で、丈夫で中身を保護しやすい、張りがあって伸びにくいなどの理由から、利用率が高まってきています。
透明封筒なので中身が外から見えるということで、DMを送る際に利用されています。
DMは、相手に開封されてこそ意味があります。
内容がわかるような透明封筒のほうが、受け取った方が興味を持ち開封してくれる可能性が高まります。
opp袋を利用する場合は、高品質な写真を使うなど、優秀なデザインで効果的なチラシ作りも重要になってきます。
また、普通の紙封筒よりもopp袋のほうが、作業効率が良くて見栄えも良くなることから、新商品案内や不動産案内などの街頭配布などにも最適です。
それから、専用の袋を購入するよりも安価で衛生的なので、店頭パンフレットやサンプル商品を入れる袋としても利用できます。
透明度が高くて、雨にも強いので、重要な書類の長期的な保管にも適しています。
また透明封筒は、郵便ではなくメール便で出すほうが安価で、紙封筒に印刷する必要がないためコストが安くなります。
opp袋は豊富なサイズがあり、CDケースやゲームソフトなど形や大きさが違う商品の包装用としても利用できます。
また、花や野菜、洋服などのラッピングに使用すると、高級感や清潔感を与えることができるので最適です。

OPP袋とCPP袋の使い分け

OPP袋とCPP袋の使い分け OPPの正式名称は2軸延伸ポリプロピレン(Oriented Polypropylene)と言い、ポリプロピレンを縦横2方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもののことです。
フィルム自体には強度があるので、引っ張ってもほとんど伸びませんが、フィルムの接合部分は避けやすいです。
透明度が高く、光沢にも優れています。
 一方、CPPの正式名称は無延伸ポリプロピレン(Cast Polypropylene)と言い、丈夫で裂けにくくなっています。
OPPと比べるとフチが裂けにくく粘りがあり、フィルムは柔らかく、引っ張ると伸びます。
OPPに比べると、やや透明度は落ちます。
 よって、この2つの使い分けとしては、抜群の透明度と光沢をほこるopp袋には、アクセサリーや衣服、小物を入れることに適しています。
cpp袋には、カタログなどの重いダイレクトメールなど強度を必要とするものを入れるのに適しています。
フィルム同士が滑りやすいため、カードゲームのスリーブなどにも適しています。
cppは氷点下に弱い特徴があるため、寒冷地へ品物を送る際には、opp袋を使用する方がいいでしょう。
 以上の点に留意し、快適にOPP袋とCPP袋の使い分けをしてください。

OPP袋関連リンク

ビニール袋、チャック付きポリ袋、OPP袋などビニール製品格安通販サイト

opp袋はこちら